ADLY 四輪バギー(ATV)の最高峰 日本総輸入販売元:四輪バギーの事なら有限会社ロフト・ジャパン(Loft Japan)

ホームへ

    よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)についてお答え致します。

    Q.ATVとはどういう意味ですか?

4輪バギーの別名で、All Terrain Vehicle(オール・テレイン・ビークル)の略です。All Terrain Vehicle(オール・テレイン・ビークル)とは全地形対応という意味です。山道(オフロード)・雪道(スノー)・砂地(サンド)・泥地(ダート)・舗装道路(オンロード)などあらゆる地形に対応できるという事です。

    Q.実際の最高速度は?

公道走行可能な四輪バギーの排気量は50cc未満に限られており、パワー不足により法定制限速度の60km/hで走ることは性能上難しくなっています。
但し粘りのある2ストロークエンジン(触媒付き)の採用により、国内メーカーの原付バイクと比べると同じ50ccでもパワーはあります。
弊社で販売しておりますADLY四輪バギーの最高速度は、車種によって異なりますがおよそ45〜55km/hで、他社の四輪バギーと比べても速くなっております。(路面など走行する状況により異なります)

    Q.2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの違いは何ですか?

現在国内メーカーの原付バイクのエンジン型式は環境問題から全て4ストロークを採用しておりますが、弊社のADLY四輪バギーも含めて四輪バギーは4ストロークよりも粘りのある2ストロークエンジンを採用しているところが多く、4ストロークの原付バイクと比べると同じ50ccでもパワーはあります。


4ストロークエンジンでは、【吸気】→【圧縮】→【燃焼】→【排気】と4つの動作を経て1回の燃焼行程が終了するのに対し、2ストロークエンジンでは、【吸気&圧縮】→【掃気&排気】が燃焼室側とクランク室側で同時進行し、2つの動作で1回の燃焼行程が完了します。 その結果4ストロークエンジンはクランク2回転で1回の燃焼が行われているのに対し、2ストロークエンジンではクランク1回転で1回の燃焼が行われるため、2ストロークエンジンの方がハイパワーとなります。


また、2ストロークはエンジン構造が簡単で、故障しにくく軽量化しやすいという特徴もあります。 しかし近年国内メーカーでは2ストロークエンジンを採用しなくなりましたが、その理由は環境問題による為です。2ストロークエンジンではガソリンにオイルを混合して燃焼する必要がある為、ガソリンの完全燃焼が得られにくく燃費は悪くなります。またオイルとガソリンの混合燃料を燃焼する為、ハイドロカーボンが多く混ざった汚れた排気ガスを排出します。


2ストロークエンジンは燃費が悪いなどのデメリットもありますが、4輪バギーで公道走行する為には排気量を50cc未満とする必要があるので、ハイパワーの2ストロークエンジンを採用しています。

    Q.2ストロークエンジンのオイルは?

自動車も含めた4ストロークエンジンではエンジン内部にオイルを一定量注入し、汚れた場合は交換しますが、2ストロークエンジンはガソリンにオイルを一定量混合し、エンジン摩擦を低減します。 注入方法はオイル用のタンクに2ストロークエンジン用オイルを注入し、自動でガソリンと混合(一般的にはガソリン:50に対しオイル:1)する4輪バギーが多いです(弊社の4輪バギーもこのタイプです)が、価格の安い中国製四輪バギーの一部は給油時にオイルを計量してガソリンタンクに補充するものもあります。価格は500ml入りで300円〜1,500円程度で販売されており、ガソリン25リッターの給油で1本程度の補充となります。

    Q.燃費はどれくらいですか?

弊社試乗車にて実走行し計測した結果。ATV-50RSはおよそ18km/Lでした。(※体重・路面状況・風向きなどにより変わります。)ATV-50R・ATV-50RUUもほぼ同等な燃費とお考え下さい。ATV-50R・ATV-50RUUの燃費データが計測出来ましたら改めて更新致します。

    Q.高度な運転技術が必要ではありませんか?

運転は意外と簡単です。アクセルとブレーキ、ギア・チェンジを覚えれば乗ることができます。バイクに全く乗った事の無い人でも、日常的に運転をしている方であれば、問題ないかと思います。個人差はありますが安全速度を維持しながら練習をすれば、数十分~数時間程度で運転に慣れる事が出来ます。免許を持っているが、運転をほぼした事のない方という方は、弊社又は販売店にて一度試乗をする事をオススメ致します!

    Q.バックギアは必要ですか?

バックギアは当然あった方が便利ですが、ご使用状況によってはなくても殆ど問題ありません。女性の方やお年寄りが乗られる場合や、重い荷物を四輪バギーで運ぶことが多い場合はバックギアはあった方が便利です。(バックギアが付いてない車種も御座います。詳しくはご購入前にお問い合わせ下さい。)男性の方であれば手押しでバックするのは簡単ですので、なくても良いと思います。

    Q.雪道での走行は可能ですか?

圧雪路では舗装路面と殆ど変わりない運転が可能です。ATV(All Terrain Vehicle)というくらいですから、あらゆる地形に対応しており、ある程度の積雪までは走行可能です。更に車用のチェーンを改造して取付けた場合には、より確実に走行できます。但し雪道での走行は十分に注意し運転して下さい。

    Q.公道走行は可能ですか?

50ccまでの四輪バギーはナンバー取得、公道走行が可能です。
50ccより上のクラスの四輪バギーになりますと公道走行が不可になり、私道・敷地内走行等のみとなります。